人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Maison et Objet 01/2014 (2)

Maison et Objet 01/2014 (2)_f0214437_282376.jpg今回のMason et Objet(M&O)からLa FibuleのブースはHall7の「Scènes d'Intérieur」に移りました!
快挙です!!「Scènes d'Intérieur」はM&Oの花形的位置付けですので、こちらにブースを移動することはなかなか難しいと聞いています。



Maison et Objet 01/2014 (2)_f0214437_28391.jpg



La Fibuleのブースには沢山の新製品が並んでいました。コンテンポラリーなデザインなのですが、軽過ぎずかつ重過ぎずエレガントで、どこかオリエンタルな感じもある素敵な家具と照明です。



Maison et Objet 01/2014 (2)_f0214437_2104383.jpg

La Fibuleは最近Show Roomも移転したそうです。
M&Oのこのブースの展示商品も会期の後、新Show Roomに置かれるとのことでした。
今度見に行かなくてはいけません。

Maison et Objet 01/2014 (2)_f0214437_2113128.jpgMaison et Objet 01/2014 (2)_f0214437_212337.jpg
# by fugas | 2014-01-31 02:12 | INTERIOR

Maison et Objet 01/2014(1)

Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8213358.jpg今年1月のMaison et Objet(M&O)が昨日終了しました。今回は24~28日の会期中に雪も降らず、真冬とはいえ例年に比べるとかなり有り難い天候でした。

Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_822156.jpg
M&OのHall6会場は入り口の工事が終わっていました。隣のHall7会場の外観と調和した仕上がりになっています。外に置かれたスプルースの木々が季節的に「?」という感じはしましたが、気温に反して不思議な「温かい」イメージを作っていました。

まず向かったのはHall7で、一番興味のある「Scènes D'Intérieur」と「Maison et Objet éditeurs」があります。

Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8252110.jpg入り口を入るとプール(池)の様な物があり、音楽と照明に合わせて天井から水が落ちてきます。水面に落ちる水滴と波を見ていると心が和みます。








Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8263138.jpg
Hall7には2014年1月のM&Oのトレンド紹介ブースがあります。
今回のテーマは「Elsewhere(どこかほかの所へ)」で、「Landscape(風景)」「Heliotropic(向日性)」「Beyond(限界を越えて)」の3つのステージに分れています。

「Landscape(風景)」はElizabeth Lericheによるインスタレーションです。
心落ち着く観想の風景は魂を豊かにし、現実から逃避した探究心の高まりは創造性の扉を開け、まさに感動的な旅行日誌のようなものと説明しています。

Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8272674.jpgこのステージは心が洗われる様な美しさでした。
この木から落ちた雪の様に見えるものは糊状の白い液体が固まった「線」の集まりです。
Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8283032.jpg
この照明の中の水に浮かんだ円盤状の所から不思議な光が出ています。









Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8291977.jpg「Heliotropic(向日性)」はCroisement AgencyのFrançois Bernardによる新しい試みのトレンド商品紹介です。
太陽の生活アートはお祭り気分や静寂、落ち込んだ時の瞑想の中を放浪し、見事で、キッチュな豊かで楽しいものだと説いています。
Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8301156.jpg







このステージ内には彼が選んだトレンド商品を説明する大きなスクリーンとその前に沢山のビーチチェアーの様な寝椅子が並んでいます。観客はこの椅子に寝そべって、スクリーンを見ます。




Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8312918.jpg青い壁面は紹介された商品の飾られた棚になっていました。
非常に楽しいステージです。


Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8331860.jpgMaison et Objet 01/2014(1)_f0214437_834056.jpg

「Beyond(限界を越えて)」はNellyRodiのVincent Grégoireによるインスタレーションです。



直ぐに乗船して未知の地の果てや深海への探検に出ようと呼びかけています。

Maison et Objet 01/2014(1)_f0214437_8362056.jpg






空想科学的でちょっとレトロな感じの商品が紹介されていました。














天井から吊っている大きな青い照明は非常に雰囲気が有ります。

次回はFUGASが紹介しているLa Fibuleのブースを紹介します。
# by fugas | 2014-01-30 08:37 | INTERIOR

MICHEL CLAVEの年賀状

今年も宜しくお願い致します!
夫のMICHEL CLAVE作の年賀状(2014年)です。明るい年になることを祈ります。
MICHEL CLAVEの年賀状_f0214437_2572820.jpg

2014年が始まり、お正月が過ぎ、早くももう半月が経とうとしています。
日本の皆さんは既に、来月の「バレンタインデー」のことを考え始めた頃でしょうか。

パリではこの時期になると道端に沢山の使用済みツリー(小さなモミの木)が外に出され、ゴミ回収を待っています。
多くのフランスの家族は毎年花屋さんやスーパーで12月中旬頃から店頭に並ぶクリスマス用に育てられた本物のモミの木を購入して、飾りつけ、クリスマスツリー飾りを1/7~10日位まで残す所が多い様です。

数週間の為に育てられ、焼却処分になるモミの木をやめて、毎年使える折り畳み式の人工ツリーを使おうと自然保護団体は毎年呼び掛けてはいますが、慣習はなかなか変わりませんね。

街ではでは未だクリスマスのイルミネーションが輝いていますが、こちらも徐々に取り外されることでしょう。

ただパリのブティックやデパートは8日(水)から「Solde(バーゲン)」が始まり、商品の展示や飾りつけがガラッと変わりました。
不況を反映して、バーゲン初日から30~50%という値引きをする店も多い様で、この時を待っていたパリっ子や、「Solde(バーゲン)」目当てにこの時期にフランスに来る旅行者達でどこも賑わっています。
# by fugas | 2014-01-14 03:02 | ART

クリスマスのNice(ニース)の大嵐

今日は大晦日、時差があるので日本は後数時間でもう新年の2014年なのですね!

フランスの大晦日は友人たちと夜明け頃まで大騒ぎのパーティーをして、新年のカウントダウンが「0」になると、
シャンパンの栓を開けて、「Bonne Anée!! (ボン ナネ)新年おめでとう」と声を上げます。
我家も冷蔵庫でシャンパンを冷やし始めました。

ただ日本と違って街では未だクリスマスです。7日位までクリスマスツリーも残しておく家が殆どです。
これはキリスト教の「主の公現」の日迄クリスマスと考える人達が多い為と思います。

この「主の公現」のお祝にはフランスでは「Galete des Rois(ガレット デ ロワ)」というパイを食べます。このパイの中に1つだけ陶器の人形(元々は空豆)が入っていて、切り分けられたパイの中にこの人形が入っていた人が集まった人の中の王様になるという遊びのデザートです。
日本では25日になるとツリーを片付けて、お正月の用意が始まりますね。

クリスマスのNice(ニース)の大嵐_f0214437_23485321.jpg私は今年のクリスマスをNice(ニース)で過ごしました。

私達は23日夜にニース到着だったのでセーフでしたが、24・25日の両日はフランス・英国・アイルランドの天気が大荒れとなり、24日早朝にロンドンから到着予定だった夫の家族の飛行機がコンドンの空港で夜までまたされた揚句「キャンセル」となりました。

クリスマスのNice(ニース)の大嵐_f0214437_23493230.jpg
25日はニースの空港が風雨と高波で閉鎖され、やはりロンドンの空港で一日中待機した揚句に「キャンセル」になり、結局私達がパリに戻る予定だった26日の昼過ぎにニースに到着しました。

我々もニースのクリスマスデコレーションされた街を歩けずちょっと残念でしたが、ニースの海岸沿いの道の通行制限が解除された時に車で行って、記念写真を撮って来ました。
元々雨が少ない地方で「大嵐」というタイミングは非常に珍しいことです。
クリスマスのNice(ニース)の大嵐_f0214437_23505533.jpg
確かに風も未だ強く、いつもより高い波でした。

世界中で天災の多かった2013年の締めくくり写真に相応しいかも知れません。





私のブログを見て下さった皆様、有難うございました。 来年も宜しくお願い致します。
2014年はもう少し頻繁に更新したいと思います。
FUGASも宜しくお願いします。
# by fugas | 2013-12-31 23:54 | OTHERS

2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)

気が付くと前回の更新から3ヶ月近くも経っていました。。 2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_3431934.jpg

パリはク街中クリスマスのデコレーションで輝いています。

こちらではクリスマスを家族とゆっくり過ごして、大晦日・新年は友人達とパーティーをするのが普通の為、来週から新年の1月1日迄、クリスマス休暇を取る人達殆どで、お店は別として閉まる会社も多い様です。

でも今のパリの街はクリスマスのイルミネーションでとても綺麗です。特に日暮れ頃はまださほど寒くもなく、そぞろ歩きをするには一番いい時間です。

2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_338444.jpg


2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_3405799.jpg近年はパリでもイルミネーションには環境に優しく、電力の消費効率がいい「青色LED照明」が沢山使われています。特にChamp Elysées(シャンゼリゼ)大通りのイルミネーションは「青い光」に包まれています。
2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_341962.jpg

Champ Elysées Clemenceau(シャンゼリゼクレモンソー)付近から、右側には写真では見難いですが、奥にTuileries(チュイルリー)公園の大観覧車が見えます。
左側には奥にArc de Triomphe(凱旋門)が見えます。
2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_3414728.jpg
勿論Marché de Noël (マルシェ ド ノエル)も楽しめます。
2013年クリスマスのChamp Elysées(シャンゼリゼ)_f0214437_3422735.jpg







忘れてはいけないTour de Eiffel(エッフェル塔)も小さく見えました。エッフェル塔は大晦日の夜、新年になった時に最高に美しく煌びやかに点灯します。
でもどちらかというとクリスマスより大晦日の主役の感が有ります。




皆さま良いクリスマスと新年をお迎え下さい。
# by fugas | 2013-12-19 03:49 | OTHERS


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧