ワインと塩

楽しかった日本から戻り既に5日目です。。。帰国中もブログを定期的に更新するつもりだったのですが、少ない滞在期間の中に沢山の予定を入れ過ぎ、更にパリに戻るとどっさりと待ち受けていたことがあり、前回の更新から2週間以上も経ってしまいました。これからは気を入れ直します!

帰国中に東京で面白い体験をしました。渋谷の某スペイン料理レストランで懐かしい友人達と楽しい夕食会をして、話がはずんでいた時のことです。お店のギャルソンが粗相をして頼んだグラスワインを溢し、友人女性の洋服・靴(一部が自然素材)の上にかかってしまうというハプニングがありました。もちろんこんなことをパリのレストランのギャルソンがしたら客から大目玉を頂くことになりますが、それより驚いたのは「申し訳ありません。もしシミが残ったらクリーニング代をご請求下さい。」と、とても丁重に謝って大判紙ナプキンを持って来たことでした。「ワインを溢して紙ナプキン??」驚いた私は次の瞬間「塩。塩を持って来て!」と叫んでいました。

ギャルソンは初め私が何を言っているのか分らない様で、不審そうに「」を持って来ました。私は被害にあった友人に「ワインはひどいシミになるから乾かないうちに塩を沢山その上に振りかけて!!」と言い、写真の様に彼女は私の勧めを聞いてその様にやってくれました。「塩がワインを吸い取ってくれるので乾いたら後で塩を払う」というフランス人の常識を、お店にワインカーヴを持っているレストランのギャルソンが知らなかったことは、逆に私にとってとても新鮮な驚きでした。
f0214437_2343650.jpgf0214437_2392342.jpg



最近は東京でもそれほど高くなくても美味しいワインが入手出来る様になったようですが,それでもパリに戻るとやはりワインが恋しくなります。そこで今日は主人の知人のやっているボルドーのシャトーから直接買い付けた(少量でも買えるのです)赤と白のワインを紹介します。写真では分かりにくいのですが白は鮮やかなブルーのボトルに入って光が透けるととても美しいです。2本ともとても美味しいです! f0214437_2445064.jpg 
赤:Château de Mouchac 1999 / 白:Grand Château de Pressac 2007
[PR]
# by fugas | 2010-05-11 02:56 | FOOD/DRINK

Christian Ghion

久しぶりの"日本"やっぱり嬉しいですね。美味しいお蕎麦・お寿司・和菓子を連日満喫しています。先週水曜に成田空港到着後にアイスランドの火山噴火のニュースを聞きました。今日辺りからやっと欧州便も再開した様ですが後1日出国が遅かったら大変なことでした。
お陰様で、ショップEspace FUGASの最終準備にも間に合い、無事にOpenすることが出来ました。お時間のある時にぜひ皆さん遊びにいらして下さい。
(Espace FUGAS / 水曜定休・日祝不定休、営業時間12:00~20:00)

今日はインテリアデザイナーのChristian Ghionを皆さんにご紹介します。彼はフランスではシャンタル トーマスのブティックデザイン、日本でも新丸ビルのビー・ジー・カフェの空間デザインや彼のデザインした椅子等が紹介されていますのでご存知の方も多いと思いますが、私の主人の友人でもあることから普段から気さくにお付き合いをさせて頂いています。将来FUGASで彼の作品をご紹介することもあるかもしれませんが、まずは彼の写真見て下さい。
実はChristianと彼の奥様と私の主人は昨日からLos Angeles に出かけました。きっと今頃は私が日本を楽しんでいるようにL.A.を満喫していることでしょう。
f0214437_20334641.jpgf0214437_203473.jpg
[PR]
# by fugas | 2010-04-22 20:35 | INTERIOR

BONTON

いよいよEspace FUGASのOpenに向け、私も明日から日本に一時帰国します。
久しぶりの日本なのでとても楽しみです。
帰国中もいくつかご紹介したいものがありますのでこのブログは続けます。
f0214437_4484544.jpg

先日子供のいる友人とBONTONに行ってきました。Filles du Calvaire大通りに面しMerciと同じ並びの数軒先にあります。ご存知の方も多いと思いますが、このショップのコンセプトはママと一緒に行く子供のセレクトショップです。子供の洋服や靴、子供部屋の家具、子供のトイレタリー用品はもちろんのこと、ママと一緒に休むCafeやママと一緒に写真を撮る3分間写真機ブースや子供のヘアーサロンまで揃っています。
f0214437_4411659.jpg

フランスは今ベビーブームです。3人子供を持つと一番経済的に有利な優遇措置が受けられと言われています。育児休暇も雇用条件によって違うようですが最長で3年と長く、100%の職場復帰が法律で厳しく定められているため、女性が安心して子供を産むことが出来る様です。子供の数が増えればそれだけ子供をターゲットにしたビジネスも盛んになり、その一例としてこのBONTONの様なお店も自然と出てくるわけです。日本の政治家も日本の子供の数がなぜ減っているのかもっと考えて欲しいですね。
[PR]
# by fugas | 2010-04-14 04:49 | OTHERS

お勧めの映画館

今週末はパリは復活祭の連休です。私も久しぶりに映画を見に"Quai de Loire(ケ ドゥ ロワー)"映画館に行ってきました。ここは最近私がとても気に入っているカナル サン マルタン周辺地区にあります。運河の両岸の古い倉庫等を再開発に合わせ向かい合う"Quai de Loire(ケ ドゥ ロー)"と、"Quai de Seine(ケ ドゥ セーヌ)"という2つの映画館とし、カフェやレストランも併設して新しいスポットに生まれ変わりました。。
f0214437_1561681.jpg
この写真の大きなボートは観光用で運河を行き来しています。
f0214437_1582483.jpg

どちらかの映画館で映画のチケットを購入すると、対岸の映画館やレストラン等へ行く際に回り道をしなくてもいいように写真の小さなボートで無料で行き来が出来ますボートが接岸する写真は映画館内の窓越しに撮ったので、少し写り込がありますが許して下さい。ちなみに私の見た映画は仏題"L'arnacoeur"というコメディーでRomain Duris(ローマン ドュリ) Vanessa Paradis(バネッサ パラディ)の共演作です。楽しく笑わせてもらいました。
[PR]
# by fugas | 2010-04-05 02:10 | OTHERS

Publicity !

打ち合わせに行く途中、パリの12番地下鉄に乗ってぼんやりと外を眺めていたら「??」
地下鉄駅の構内で地下鉄が来るのを座って待っている人達。。これはよく見る光景ですが、なんか変。。そうです座っているのはベンチではなく「ソファー」です!
パリの地下鉄では構内に大きな広告が沢山貼られていますが、これはIKEAの広告の一環で後ろの広告と一緒に今年の新作のソファーが置かれていて、実際に座れるようになっています。

f0214437_22521519.jpg

カメラを持っていなかったので翌日写真を撮りに戻って写真を撮りましたが、前日にはソファーとソファーの間にあったはずのフロアランプは既に無くなっていました。。。

他の地下鉄の駅にも、、と考え地下鉄に乗る度に注意していますが、今のところ私が見たのはこのSt. Lazare駅の12番線の構内だけです。この辺りはLe printemps(プランタン)やLes Galeries Lafayette(ギャラリー ラファイエット)のデパート街でこの12番線の先のSèvres Babylone駅にはLe Bon Marché(ボン マルシェ)がある為、マーケッティング上ここで広告をすることにしたのでしょうか。ベンチよりはずっと座り心地が良さそうですね。
[PR]
# by fugas | 2010-03-28 23:22 | INTERIOR

Isabelle de Margerie

今日は陶芸家Isabelle de Margerieのアトリエを訪ねました。
数ヶ月前に通りを歩いていた時、「あらっ」と道沿いのウインドーに並んでいた彼女の作品が目に入り、ずっと気になっていました。今度FUGASで彼女の作品を紹介出来ることになりとても嬉しいです。
Isabelleさんは、司法関係の勉強と仕事をされていた時、クリエイティブな仕事をしたいと思うようになり、まずパーティー料理等の請負を始めたとのこと。
その後、陶芸の世界に強く興味を抱き、陶芸家となったそうですが、直ぐに雑誌「ELLE DECORATION」等で紹介されるようになり、現在のアトリエを持つに至ったそうです。
今日は作品の製作中で作業着だから…、と言われましたが、FUGASのブログでまず紹介したいからと無理を言って、写真を撮らせて頂きました。
彼女はとてもハキハキとした女性なのですが、これは司法関係の仕事をされていた時の名残のようです。f0214437_4501386.jpg
[PR]
# by fugas | 2010-03-20 06:01 | ART

アート ? 

わたしのお気に入りカフェ「Place Verte」の隣、「Cafe Charbon」の外壁は、パリ市が公認している、アーティスト作品を紹介する場になっています。
この辺りは頻繁にフランス映画の撮影等に使われているので、「あそこか!」と思われ方も多いかもしれませんね。
f0214437_0532116.jpg


f0214437_113262.jpgこの界隈を歩いていて、ふと目を上げた時、建物横の大きな高い壁に描かれたグラフィティーが目に飛び込んでました。
誰が、一体どうやって、いつ、このグラフィティーを書いたのか?  
どう考えてもオーナーが依頼したとは考えにくいですのが…。

ちょっとミロの作品を思わせる不思議なグラフィティー。
場所を決められてアーティストが書いていくものより、「アート」を私は感じます。

皆さんはどうですか?
[PR]
# by fugas | 2010-03-14 09:26 | ART

これから宜しくお願いします

新しくFUGAS(フーガ)のメンバーになります「森」です。
このブログでは、インテリア・アート・フードなど、パリの旬な情報を、直接皆さんにお届けしようと思っています。
これから宜しくお願いします。

早速ですが…、パリで見つけた「」のご紹介。
f0214437_11444743.jpg

このチューリップ、本物に見えますが、実はアーティストの作品で、磁器(!)なのです。
ウインドーに並ぶ姿がとても可愛いです。

サマータイムに変わる日も近づいていますので、日は長くなってきましたが、まだ朝はとても寒いパリ。
気分だけでも「」を感じたいこの頃です。
f0214437_11403939.jpg
[PR]
# by fugas | 2010-03-12 04:58 | ART


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧