人気ブログランキング |

<   2011年 06月 ( 3 )   > この月の画像一覧

SoldとSt. Sulpiceのアート市

f0214437_2435344.jpg東京は未だ梅雨明けしていないのにかなり暑いと聞いています。これから本格的な「夏」になると電力不足が心配ですね。パリも数日30℃を超す猛暑でした。こちらの夏は30℃以上の日は例年ですとほんの僅かなので一般の住宅にはクーラーは普通ありません。街中のカフェにすらありません。ただ湿気は少ないので、日陰に入ると気温は急に下がります。でもこの暑さの中でも、公園やセーヌ河岸で横になりながら肌を小麦色に焼いているパリっ子達の姿をよく見かけます。

先週22日(水)からパリの街では一斉にSold(バーゲン)が始まりました。今年は不況のせいか例年より1週間早く始まったそうです。かなり期待して待っていたのですが、今回は非常に期待外れでした。
Marais(マレ)やSt. Germain des près(サン ジェルマン デ プレ)のよく行くブティック数件をバーゲン開始日の午後と今週初めにワクワクしながら行ったのですが、何もピンと来るものがないのです。
Soldが始まるまではいつ行っても好みの欲しい洋服が沢山あって品物を絞るのが大変なお気に入りのブティックばかりなのに、これは何か変です。。Sold当日から既に50%offになっているものも多く、これにも驚きましたが、Soldになっている商品に全く見覚えがないのです。お気に入りのブティックには当然何度も行って商品を見ているのですが、Soldで並んでいる商品達は今まで見ていた物とは確実に違いました。

どうやら各ブティックのSold商品は売れ残った物を安くして販売しているのではなく、Sold用に仕入れた商品だったようです。気に入った商品があるとSoldまで待てず、つい衝動買いしてしまう私は結局正解だったのかもしれません。

一緒に出掛けた仏人の友人にこのことを話すと、「あなたはナイーブね。そんなことは当たりまえよ。でも中には本当に前回のコレクションの在庫処分をしているブティックもあるからそれを見つけた時の喜びが大きいのよ」と諭されました。

St. Germain des près(サン ジェルマン デ プレ)界隈のブティックを回っていた時、St. Sulpiceでアート市が行われていることに気付きました。30℃を超す直射日光を受けながらもフラフラと各アーティストのテントを覗いて絵・陶器・アクセサリー・写真等の多様な作品を見ているうちに、ムシャクシャしていた気持ちもすっきりとして来ました。やはりアートには癒し効果がある様です。

f0214437_246147.jpg
そして洋服をあきらめ、帰りながらMarais(マレ)の外れにあるGAMBSに立ち寄りました。そして見つけました!! GAMBSでは幾つかの見覚えのある素敵な商品達がSold対象になっていました。やはりお店によるようです。

この写真は6/16~19までパリで行われていたDesigner's Daysの際にGAMBSが参加し、Godefroy de Viriew氏による装飾で入り口付近が飾られていた時の物です。バトミントンの羽の様なものと細い棒のコンビネーションがとても若々しい感じでrした。(今はSoldが目立つようになっています)
by fugas | 2011-06-30 02:52 | ART

Fête de la Musique (ミュージックの日)

f0214437_38593.jpg昨日6月21日(火)はフランスで恒例となっている「Fête de la Musique :ミュージックの日」でした。
パリでは午後6時位から徐々に街角や通り沿い、レストランやクラブ・バー等至る所で、プロやアマチュアのミュージシャン達が得意の曲を演奏し始め、夜中過ぎになると若者が多く集まる地区では、、好みの音楽の演奏の前で立ち止った人達が踊り出し、道がダンスフロアーと化します。

f0214437_310583.jpg







道端にはメルゲーズというスパイスのきいたソーセージを焼いてバゲットのパンに挟んだちょっとホットドッグに近いサンドイッチとビールを売る屋台が至る所に立ち、夜通し街中の至る所で音楽が流れ、メルゲーズを焼く強い臭いが漂っています。日本の屋台の焼きそばといったところでしょうか。

f0214437_3122341.jpg

*浴槽やドラム缶を再利用したソファーは可愛いです(左写真)

この日はパリの地下鉄の1号・2号・4号・6号・14号線と高速鉄道(RER)A・B・C・D線は朝まで終夜運転しています。(全ての駅が開いているわけではありませんが)

このお祭りは毎年日照時間が一年で一番長い夏至の頃に行われます。パリでは夜10時頃にならないと暗くなりません。季節は「夏」に変わり、小学校等の学校も9月初めの新学期迄の長い夏休みに入ります。

フランスでは「冬」がとても長く厳しい為、「夏」を皆待ちわびています。この「Fête de la Musique :ミュージックの日」のお祭りはまさに、フランス人達の「夏」を見迎える喜びを表すお祭りなのだと思います。私もこちらに長く住み、夏の間体に一杯太陽の光を浴びてゆっくりバカンスを過ごすフランス人の気持ちが理解出来るようになりました。とは言っても日本人の私は、しっかり日焼け止めを塗っています。
by fugas | 2011-06-23 03:21 | OTHERS

Rue Jacques Callotのギャラリー

f0214437_138887.jpgf0214437_1245056.jpg6月から残念がらEspace FUGASは閉まりましたが、FUGASは横浜に移り元気に活動しています。ご安心下さい。勿論このHP及びブログも続けていきます。急に移転の話が出て決まった為引っ越し作業が慌ただしくこのブログもなかなか更新出来ませんでした。

パリは最近曇りの日が多く、時々雨が強く降り、気温も低く、4月から続いていた干ばつは終わりました。農家の人達は胸をなでおろしながらも、春に目を出して成長する野菜や木々には遅すぎた雨となり、被害はかなり大きい様です。今年のワインの出来がちょっと心配です。

日本の梅雨に似た気候の今のパリですが、曇りの合間に少し太陽が顔を出す時も有ります。昨日はちょっと気分転換にしばらくぶりにBeaux Arts(ボ ザール)美術大学の界隈に沢山あるギャラリー巡りをしました。
世界中の著名な芸術家達の作品が歴史のあるこの地区のギャラリーで紹介されています。
ただ最近は50年代の家具や照明を集めたギャラリーも増えています。世界的な流れですがちょっと寂しい気もします。

Rue Jacque Callot(ジャック カロ通り)にある歴史あるカフェのLa Palette(ラ パレット)でお茶をしたいと考え、この通りにはいるといきなり幾つかのとてもモダンな洋服のブティックの様な新しいギャラリーが目に入りました。


東京の青山・麻布・表参道辺りでは珍しくないタイプのモダンなギャラリーですが、パリのこの界隈ではとても
目を引くたたずまいです。

不思議なことに歴史あるカフェの並びにありながら、非常にいいミスマッチです。

上の写真のギャラリーに飾ってある作品も勿論ギャラリーの名前同様にPièce Unique(ピエス ユニーク : 一点物)です。

下の写真のギャラリー内中央の大きな階段はちょっと宇宙的な感じがします。


カフェでお茶を終えた頃には天気同様、少しもやもやしていた気持ちもすっきりしていました。
by fugas | 2011-06-13 01:43 | ART


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧