カテゴリ:ART( 11 )

MICHEL CLAVEの年賀状

今年も宜しくお願い致します!
夫のMICHEL CLAVE作の年賀状(2014年)です。明るい年になることを祈ります。
f0214437_2572820.jpg

2014年が始まり、お正月が過ぎ、早くももう半月が経とうとしています。
日本の皆さんは既に、来月の「バレンタインデー」のことを考え始めた頃でしょうか。

パリではこの時期になると道端に沢山の使用済みツリー(小さなモミの木)が外に出され、ゴミ回収を待っています。
多くのフランスの家族は毎年花屋さんやスーパーで12月中旬頃から店頭に並ぶクリスマス用に育てられた本物のモミの木を購入して、飾りつけ、クリスマスツリー飾りを1/7~10日位まで残す所が多い様です。

数週間の為に育てられ、焼却処分になるモミの木をやめて、毎年使える折り畳み式の人工ツリーを使おうと自然保護団体は毎年呼び掛けてはいますが、慣習はなかなか変わりませんね。

街ではでは未だクリスマスのイルミネーションが輝いていますが、こちらも徐々に取り外されることでしょう。

ただパリのブティックやデパートは8日(水)から「Solde(バーゲン)」が始まり、商品の展示や飾りつけがガラッと変わりました。
不況を反映して、バーゲン初日から30~50%という値引きをする店も多い様で、この時を待っていたパリっ子や、「Solde(バーゲン)」目当てにこの時期にフランスに来る旅行者達でどこも賑わっています。
[PR]
by fugas | 2014-01-14 03:02 | ART

MICHEL CLAVEの展示会

f0214437_2491885.jpg先週末9/27日(金)~今週9/30日(月)迄の4日間、MICHEL CLAVEがMénilmontant(メニルモンタン)地区のPortes Ouvertes d'Ateliers(アトリエ開放展示会)に参加し、彼の作品を展示しました。






f0214437_2502219.jpg
この地区はパリでもアーティストが沢山いる地区で、このイベントには70人以上のアーティストが参加しました。





f0214437_251217.jpg
402人もの来場者がこの4日間にMICHEL CLAVEの展示会にあり、展示会の会期に6~7点の作品が売れました!! 






多くの方々が彼の絵を見て「ユニークでとても興味深い!」という言葉を残してくれたそうで、開催前はかなり緊張していた様ですが、この好反応に本人もとても喜んでいました。

f0214437_2515375.jpg
土曜・日曜で来場者の出入りで、アトリエ内が凄い賑わい状態だったそうで、大成功です。

f0214437_375132.jpgf0214437_31098.jpg

 
展示されていた「絵」の写真を撮りましたので見て、彼の「絵」の世界を感じて下さい。

彼の「絵」に興味のある方は、ぜひFUGASにお問い合わせ下さい。

f0214437_3105872.jpg
f0214437_3115534.jpg
[PR]
by fugas | 2013-10-03 03:14 | ART

Jean-Bernard PARDONの作品

f0214437_348163.jpg友人のJean-Bernard PARDONが先週末にMarais(マレ)地区にあるEspace Commines(エスパス コミヌ)で開催されていた展示会に参加し、彼のコーナーに作品を展示していました。

この数年でマレ地区は新しい洋服や小物雑貨のブティックが急増しましたが、それと同時にアートのギャラリーも急増中です。パリのアートギャラリーはBeaux Arts(ボザール)パリ芸術大学のある6区やそのお隣の7区に多かったですが、やはり近年マレ地区にパリっ子の注目が集中しているためでしょう。

Jean-Bernard PARDONの作品は陶磁器(モロッコ製の物が多い)や動物・果物等のモチーフを独特の手法で現代アートに仕上げた絵画です。

まるで優しいサンタさんの様です。





f0214437_1272224.jpg





以下も今回の展示会では展示されていませんでしたが、彼の作品です。


f0214437_1283030.jpg





f0214437_129285.jpg






彼の作品に興味を持たれ、もっと見てみたいという方は、ぜひFUGASにコンタクトして下さい。
[PR]
by fugas | 2011-12-13 03:57 | ART

Jean-Jaques-Sempéの展示会

f0214437_2102172.jpgパリ市庁舎(Hôtel de Ville :オテル ドゥ ヴィル)でJean-Jaques-Sempéの展示会が来年2月中頃まで催されています。





f0214437_2112283.jpg
Jean-Jaques-Sempéは日本ではあまり知られていないアーティストかもしれません。でもフランスでは国民的な人気のイラストレーターです。」
彼独特の繊細で詳細なタッチと可愛いいイラストや絵、そしてそのイラスト中に書かれている優しい言葉を使いながらの辛辣な社会批判は多くのフランス人の共感を集めて来ました。

彼の名前を知らなくても彼が描いている「Le Petit Nicolas(プチ ニコラ)」のイラストは日本でもご存知の方は多いかも知れませんね。

パリ市庁舎での展示会は入場料が通常は無料です。更に今回はJean-Jaques-Sampéの展示会ですので、外に待つ人達の長い行列が平日でも出来ています。


f0214437_2121854.jpg
私が到着した午後3時には薄曇りだったのですが、待っているうちに急に外が真っ暗になり、寒くなって大雨が降り出し、傘を探しているうちに雨が数ミリの霰状になって落ちて来ました。
まず傘を持っていない人達が待っている行列から外れ、更にフード付きのレインコートを着ている人達は霰は当たって怪我をするので次に行列から去って行きました。

私は運よく傘を持っていましたので、アスファルトに跳ね返った雨霰に濡れながら寒さに耐えながらも、半分位の人達が諦めて帰られたので、1時間位で入場することが出来ました。
これはラッキーというべきなのでしょうか。。

でも展示会は大満足でした。これほど多くの彼の作品が集められているとは思っていませんでした。
「白黒」のインクを使った作品が多い中、「カラフル」なアクリル塗料を使った作品も展示されていました。
彼のデッサン力、洞察力は本当に天才的です!!


f0214437_212585.jpg
展示会場を出る頃には満足感で一杯でした。

Jean-Jaques-Sempé これからもいい作品を描き続けて下さい!
[PR]
by fugas | 2011-12-09 02:15 | ART

NUIT BLANCHE PARIS

f0214437_864396.jpg先週土曜の夜はNUIT BLANCHE PARIS(ニュイ ブランシュ パリ)でした。
パリ市が毎年この時期に企画するイベントで、徹夜で秋のウイークエンドのパリの夜をアートと音楽、パフォーマンスで楽しみましょうというものです。

今年はHôtel de Ville(オテル ド ビル), Saint Georges(サンジョルジュ), Pigalle(ピガール), Anver(アンヴェ―)の4区画に分かれ、地下鉄の12番線14番線のこの区間は夜通し運航されていた様です。

でもHôtel de Ville(オテル ド ビル)以外の3つの区画はPigalle(ピガール)を中心に広がっているので、まとめてMontmartre(モンマルトル)区画として2つにわけるだけの方が分りやすかった様な感じがします。


この2週間近くパリは異常気象の「残暑」となっていて、今年の7・8月よりも「夏」らしい良い気候に恵まれ、夜は気温が少し下がって非常に心地よく、私達もHôtel de Ville(オテル ド ビル)からMarais(マレ)を回る区画をまわることしました。
f0214437_873346.jpg
例年ですと既にこの時期の夜はかなり寒くなっているので厚手のコートが必需なのですが、今年のNUIT BLANCHE PARIS(ニュイ ブランシュ パリ)はまるで夏のイベントの様な軽装で十分でした。

f0214437_8141458.jpg
皆考えることは同じらしく、20時頃Hôtel de Ville(オテル ド ビル)のパリ市庁舎前広場に着くと、既に人で埋まっていました。








f0214437_883965.jpg古い建物の回廊や中庭、昔の市場だった所を改組して常設のギャラリーになっている場所等で、現代アートのアンスタラシオンや光・映像と創作音楽、人工的に中庭だけ雨を降らせた光と傘のパフォーマンス等を見ることが出来ました。

ただ気候があまりに良くてパリっ子達が一斉に繰り出した為、イベントは大成功だったのですがどの展示場所も人が長蛇の列で一つの展示を見るのに1時間くらい待つような状態でした。
この為かなりの展示を見るのを諦めました。特にマレは通りを歩くことも出来ないほど人で混んでいました。

私達は人混みに疲れて夜中には家に戻って来ましたが、家の外では日曜の朝にかけて夜通し音楽が鳴り響いていました。 凄いイベントです!!
[PR]
by fugas | 2011-10-04 08:20 | ART

Rue de Bacのニュース

蒸し暑い日本の「夏」を過ごされている方々には申し訳ないくらいパリは涼しい「夏」です。最高気温も25℃以下の日々が続いていて、朝は15度位でしょうか。

f0214437_1392336.jpg
先日久し振りにRue de Bac(バック通り)をゆっくり散歩して来ました。よく車では通っていたのですが、運転している目で見る街の風景は、そぞろ歩きをしながら見るそれとは大きく異なっていました。

Rue de Bac(バック通り)とBoulevard st. Germain(サン ジェルマン大通り)、Boulevard Raspail(ラスパーュ大通り)が交差する交差点の真中に大きな青く光るピーマンを見つけました。勿論彫刻家の作品です
が、彫刻の名前がまさに「VEGETABLES」です!これはPatrick Laroche氏の作品でした。

1ヶ月位この交差点は工事が続いていて渋滞の原因になっていましたが、このピーマンの為だったのです。

でもこの青いピーマンは不思議な存在感があります。私は結構気に入ってしまいました。

f0214437_141323.jpg

この交差点を過ぎると直ぐにあるはずのJULIE RISCAのブティックですが、実はこの秋から40, rue de Verneuil(ベルヌィュ通り)に移転することになり、6月30日でRue de Bac(バック通り)のブティックを閉めました。夏のバカンスの間に新しいブティックの工事・開店準備をするということです。


今度の40, rue de Verneuil(ベルヌィュ通り)の新ブティックは今までのRue de Bac(バック通り)ブティックからからとても近く、同じ7区のとてもシックなカルチエ(界隈)にあります。
JULIE PRISCAはバカンス明けにかなりパワーアップして戻って来そうでとても楽しみです。
[PR]
by fugas | 2011-07-11 01:50 | ART

SoldとSt. Sulpiceのアート市

f0214437_2435344.jpg東京は未だ梅雨明けしていないのにかなり暑いと聞いています。これから本格的な「夏」になると電力不足が心配ですね。パリも数日30℃を超す猛暑でした。こちらの夏は30℃以上の日は例年ですとほんの僅かなので一般の住宅にはクーラーは普通ありません。街中のカフェにすらありません。ただ湿気は少ないので、日陰に入ると気温は急に下がります。でもこの暑さの中でも、公園やセーヌ河岸で横になりながら肌を小麦色に焼いているパリっ子達の姿をよく見かけます。

先週22日(水)からパリの街では一斉にSold(バーゲン)が始まりました。今年は不況のせいか例年より1週間早く始まったそうです。かなり期待して待っていたのですが、今回は非常に期待外れでした。
Marais(マレ)やSt. Germain des près(サン ジェルマン デ プレ)のよく行くブティック数件をバーゲン開始日の午後と今週初めにワクワクしながら行ったのですが、何もピンと来るものがないのです。
Soldが始まるまではいつ行っても好みの欲しい洋服が沢山あって品物を絞るのが大変なお気に入りのブティックばかりなのに、これは何か変です。。Sold当日から既に50%offになっているものも多く、これにも驚きましたが、Soldになっている商品に全く見覚えがないのです。お気に入りのブティックには当然何度も行って商品を見ているのですが、Soldで並んでいる商品達は今まで見ていた物とは確実に違いました。

どうやら各ブティックのSold商品は売れ残った物を安くして販売しているのではなく、Sold用に仕入れた商品だったようです。気に入った商品があるとSoldまで待てず、つい衝動買いしてしまう私は結局正解だったのかもしれません。

一緒に出掛けた仏人の友人にこのことを話すと、「あなたはナイーブね。そんなことは当たりまえよ。でも中には本当に前回のコレクションの在庫処分をしているブティックもあるからそれを見つけた時の喜びが大きいのよ」と諭されました。

St. Germain des près(サン ジェルマン デ プレ)界隈のブティックを回っていた時、St. Sulpiceでアート市が行われていることに気付きました。30℃を超す直射日光を受けながらもフラフラと各アーティストのテントを覗いて絵・陶器・アクセサリー・写真等の多様な作品を見ているうちに、ムシャクシャしていた気持ちもすっきりとして来ました。やはりアートには癒し効果がある様です。

f0214437_246147.jpg
そして洋服をあきらめ、帰りながらMarais(マレ)の外れにあるGAMBSに立ち寄りました。そして見つけました!! GAMBSでは幾つかの見覚えのある素敵な商品達がSold対象になっていました。やはりお店によるようです。

この写真は6/16~19までパリで行われていたDesigner's Daysの際にGAMBSが参加し、Godefroy de Viriew氏による装飾で入り口付近が飾られていた時の物です。バトミントンの羽の様なものと細い棒のコンビネーションがとても若々しい感じでrした。(今はSoldが目立つようになっています)
[PR]
by fugas | 2011-06-30 02:52 | ART

Rue Jacques Callotのギャラリー

f0214437_138887.jpgf0214437_1245056.jpg6月から残念がらEspace FUGASは閉まりましたが、FUGASは横浜に移り元気に活動しています。ご安心下さい。勿論このHP及びブログも続けていきます。急に移転の話が出て決まった為引っ越し作業が慌ただしくこのブログもなかなか更新出来ませんでした。

パリは最近曇りの日が多く、時々雨が強く降り、気温も低く、4月から続いていた干ばつは終わりました。農家の人達は胸をなでおろしながらも、春に目を出して成長する野菜や木々には遅すぎた雨となり、被害はかなり大きい様です。今年のワインの出来がちょっと心配です。

日本の梅雨に似た気候の今のパリですが、曇りの合間に少し太陽が顔を出す時も有ります。昨日はちょっと気分転換にしばらくぶりにBeaux Arts(ボ ザール)美術大学の界隈に沢山あるギャラリー巡りをしました。
世界中の著名な芸術家達の作品が歴史のあるこの地区のギャラリーで紹介されています。
ただ最近は50年代の家具や照明を集めたギャラリーも増えています。世界的な流れですがちょっと寂しい気もします。

Rue Jacque Callot(ジャック カロ通り)にある歴史あるカフェのLa Palette(ラ パレット)でお茶をしたいと考え、この通りにはいるといきなり幾つかのとてもモダンな洋服のブティックの様な新しいギャラリーが目に入りました。


東京の青山・麻布・表参道辺りでは珍しくないタイプのモダンなギャラリーですが、パリのこの界隈ではとても
目を引くたたずまいです。

不思議なことに歴史あるカフェの並びにありながら、非常にいいミスマッチです。

上の写真のギャラリーに飾ってある作品も勿論ギャラリーの名前同様にPièce Unique(ピエス ユニーク : 一点物)です。

下の写真のギャラリー内中央の大きな階段はちょっと宇宙的な感じがします。


カフェでお茶を終えた頃には天気同様、少しもやもやしていた気持ちもすっきりしていました。
[PR]
by fugas | 2011-06-13 01:43 | ART

Isabelle de Margerie

今日は陶芸家Isabelle de Margerieのアトリエを訪ねました。
数ヶ月前に通りを歩いていた時、「あらっ」と道沿いのウインドーに並んでいた彼女の作品が目に入り、ずっと気になっていました。今度FUGASで彼女の作品を紹介出来ることになりとても嬉しいです。
Isabelleさんは、司法関係の勉強と仕事をされていた時、クリエイティブな仕事をしたいと思うようになり、まずパーティー料理等の請負を始めたとのこと。
その後、陶芸の世界に強く興味を抱き、陶芸家となったそうですが、直ぐに雑誌「ELLE DECORATION」等で紹介されるようになり、現在のアトリエを持つに至ったそうです。
今日は作品の製作中で作業着だから…、と言われましたが、FUGASのブログでまず紹介したいからと無理を言って、写真を撮らせて頂きました。
彼女はとてもハキハキとした女性なのですが、これは司法関係の仕事をされていた時の名残のようです。f0214437_4501386.jpg
[PR]
by fugas | 2010-03-20 06:01 | ART

アート ? 

わたしのお気に入りカフェ「Place Verte」の隣、「Cafe Charbon」の外壁は、パリ市が公認している、アーティスト作品を紹介する場になっています。
この辺りは頻繁にフランス映画の撮影等に使われているので、「あそこか!」と思われ方も多いかもしれませんね。
f0214437_0532116.jpg


f0214437_113262.jpgこの界隈を歩いていて、ふと目を上げた時、建物横の大きな高い壁に描かれたグラフィティーが目に飛び込んでました。
誰が、一体どうやって、いつ、このグラフィティーを書いたのか?  
どう考えてもオーナーが依頼したとは考えにくいですのが…。

ちょっとミロの作品を思わせる不思議なグラフィティー。
場所を決められてアーティストが書いていくものより、「アート」を私は感じます。

皆さんはどうですか?
[PR]
by fugas | 2010-03-14 09:26 | ART


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧