Notre Dame de Paris(ノートルダム寺院)の鐘

今日(2/11日)の昼頃に「ローマ法王ベネディクト16世が2/28日に退位する」というニュースがパリに入りました。このニュースは世界中のカトリックの人達を驚かせました。

ローマ法王は最期までその地位にあるものだ考えていました。実際には600年前にローマ法王の退位ということ有ったということですが、高齢の為重い責務が果たせなくなったと自ら認め、「引退」宣言をされたベネディクト16世に深い敬意を表したいと思います。一度権威の座に上り詰めたら、普通は最期までその座についていたいと思うものではないでしょうか。この長いカトリックの慣習を破る潔い引き際に私は心から「ブラボー」と言いたいです。

f0214437_321637.jpgところで先週末に久し振りにNotre Dame de Paris(ノートルダム寺院)に行き、850周年記念を迎え新しく取り付けられる鐘塔の「9つの鐘」を見て来ました。

f0214437_322878.jpgノートルダム寺院の中の中央から奥の祭壇に向かって、小さな「鐘」から大きな「鐘」が並んでいる姿は圧巻です。

f0214437_324657.jpg






2/25日迄ノートルダム寺院の内部にこの「9つの鐘」は置かれ、一般に公開されています。
「鐘」はそれぞれ材質も少し違うようで、色や表面の形、大きさが一つ一つ異なっていて、」一つ一つに名前が付けられていました。


f0214437_324338.jpg


f0214437_3283455.jpg

この一番大きな濃い色の「鐘」はガブリエル(大天使の名前)です。




おミサの途中でこの「鐘」の実際の音を聞かせてくれましたが、とても力強く美しい響きでした。磨き仕上げでなくずっしりとした素朴な形と、落ち着いた鐘の回りの彫飾りや文字が、鐘達の「シェフ」といった感じです。

f0214437_3301173.jpg

夕方ノートルダム寺院に行く途中でHôtel de Ville(パリ市庁舎)前を通ると、「冬」時期恒例のアイススケートリンクが設置されていてスケートを楽しむ沢山の人達で混んでいました。
市庁舎前広場の各照明塔の上部には、赤い中国の灯篭の様なものが取り付けられています。
昨日午後のパリは雪・みぞれが降る寒くて悪い天候でしたが、「旧正月」を祝う中華系の移民による中国式パレードがあり、パリ市長も参加した様です。やはり中国パワーは凄いです。。。
[PR]
by fugas | 2013-02-12 03:42 | OTHERS


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧