Maison et Objet 01/2013 (2)

パリは今日も「雪」が降っています。時々「雨」にかわっていましたので、今日は積もっていませんが先週末から連日こんな天気が続きどうやら今週うっぱいこの状態の様です。今回のMaiosn et Objet(M&O)は最悪の天候となりました。

第2回ではFUGASが日本の販売代理店となっていますJULIEP RISCAのブースと新作をご紹介します。

f0214437_4114170.jpgf0214437_4131320.jpg

Julieの色遣いのセンスは素晴らしいです!!沢山のビビットな色とモノトーンの色を鉄・ガラス・木・布等のマテリアルを使って、絶妙なコンビネーションに仕上げています。
ブースには今回も素敵な物が溢れ、ワクワクしてしまいました。

f0214437_425650.jpg今回見た新作の中で私が一押ししたいのは写真右のセンターテーブルです。
センターテーブルではありますが、ソファーの横に置いてグラス等を置く幅の狭いサイドテーブルとしても使えます。高さの違う2つのテーブルは組み合わせと並べ方が自由自在です。
鉄製ですが女性一人で動かせる重さでした。

f0214437_4325777.jpg次に紹介したいのは新作ではないのですが、思わず見とれるほど美しかった「赤い」RAYです。
RAYは不思議なアームチェアーです。Julieが選ぶどんな貼り地の布や革によって全くその表情が変わります。まるで映画監督と女優の様です。

f0214437_4382749.jpgf0214437_439236.jpgこの新作の椅子は「座」以外は鉄で出来ていますが、とても可愛く魅力的でした。
「背」の形は対称な2通りで、組み合せるとこの様になります。
この椅子も楽々に持ち運びできます。

f0214437_4451859.jpgこの新作のアームチェアーは不思議な位最高に座り心地が良かったです。
見た感じでは素敵だけれど座り心地はどうかな~と思ったのですが、一度座ると立上がりたくなくなりました。
この「青」のクッションも綺麗です。

f0214437_4531887.jpgこのアームチェアーは前回9月のコレクションの新作でしたが、幅をゆったりと大きくし、座りながらハンモックの中で昼寝fをしている様な感じがするようにしたそうです。座ってみると確かに納得でした。

f0214437_52194.jpgこの照明はECLIPSEの新バージョンです。
以前は壁に向けて光の輪の演出を楽しむライトでしたが、この新バージョンでは部屋側に向けると内側の金色の塗装が美しく反射し、テーブルの明かりとしても楽しめるようになっていました。
2台を裏表に組み合せるととても美しい演出になります。

f0214437_543048.jpgこちらのHOはサイズ違いが出来ました。サイズの違う2つのHOを組み合わせて置くととても可愛いです。

f0214437_563324.jpgこのフロアライトも新作では有りませんが、シェードを「赤」にして、「赤」のRAYと並んで展示してありました。
「色の魔法」の様に全く表情が変わりますね。

f0214437_5171556.jpgこの新作のフロアライトは3つの「黒い」シェードが縦に並んでいてちょっとミステリアスな感じです。

今回のJULIE PRISCAのブースは「色使いの組み合せ」と「サイズ違い」や「向きの違い」等インテリアの上級テクニックをふんだんに使い、更に遊心を取り入れた展示になっていました。
とても参考になりました。


[PR]
by fugas | 2013-01-22 05:22 | INTERIOR


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧