Maison et Objet 01/2012 (1)

Maion et Objet (M&O) が始まりました。今回の会期は昨日20日(金)~24日(火)です。
年に2回のフランスでは一番大きなインテリアの展示会なので今回も私のブログでレポートしていきます。

f0214437_7144681.jpg昨日も今日も曇りのち時々雨というちょっ寂しい天気でしたが、この時期のパリにしては珍しく10℃を超す温かい日でした。

M&O会場入り口に入ると直ぐ右手に大きな新しいHall 8があります。今回はここで「Now! design à vivre」が展示されていました。

f0214437_7162296.jpg今回も一番興味深い「Scènes d'intérieur」はHall 7でした。
冬のM&Oは通常とても寒い時期の展示会なので、広い中庭には各Hallをつなぐチューブの様な暖房された通路が設置されていました。私は今回雨よけに使わせて頂きました。

毎回M&Oではこれからのテンダンス予想としてHall 1,2,3 の通路脇に大きな3つのブースを作り、それぞれ異なった流行予想会社やデザイナーに依頼して、次に来ると思われるテンダンスをM&Oに展示されている作品や商品を使って各自のコンセプトを分りやすいようにイメージで表現しています。
今回の「2012春夏」のテンダンスを表すキーワードは「CRAZY」でした。

f0214437_7225470.jpgHall 1のブースではNelly Rodi社が「Sweet freack」のコンセプトで、少々マンガチックな甘い錯乱と整頓の状態の揺れ動く様なイメージを展示していました。

f0214437_7253657.jpgHall 2のブースではAgence Croisement社が「Art'keting」のコンセプトで、各自が主張したい「他とは違う」という表現を、退屈さや平凡差を払いのける様なM&Oの展示品の中から選んだ独特のユニークな物達を使って表していました。

f0214437_7295035.jpgHall 3のブースではElizabeth Leriche氏が「Dream box」のコンセプトで、戸惑う時代や架空の異なった世界を探検する様な願望や恐れが交錯した夢や悪夢を表す為、ブース内をホテルの通路と各部屋の様にデザインし、各部屋の扉を開けると各異なった表現の不思議の国の迷宮に入り込む様になっていました。



私はHall 3の「Deam box」に感動しました。まるで自分が不思議な国のアリスになった感じです。

f0214437_7345627.jpgHall 7には「Elle Déco Café」があり、昼食を取る人達で賑わっていました。中の壁には今月号の「ELLE DECO」のポスターが貼ってありました。勿論ポスターに使われている表紙はFUFASが代理店になっているJULIE PRISCAの別宅のパリのアパルトマンの写真です。
[PR]
by fugas | 2012-01-22 06:13 | INTERIOR


パリの今を感じる現地からの最新レポート。インテリア・アクセサリー・アート・フードなど様々な情報をお届けします。


by fugas

プロフィールを見る
画像一覧

LINK

カテゴリ

全体
INTERIOR
ACCESSORY
ART
BEAUTY
FOOD/DRINK
OTHERS

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

海外生活
雑貨

画像一覧